新興和製薬株式会社とは

NMN(βニコチンアミドモノヌクレオチド)とは、新興和製薬株式会社の販売するサプリメントの主原料です。

NMNとは、ビタミンB3群の中に含まれるβニコチンアミドモノヌクレオチドという物質で、あらゆる生物の細胞に元々存在しています。本来は体内で自然に生成される物質ですが、加齢に伴い体内での生産能力が減退し、その結果、体内の修復機能が失われていくと言われています。 このNMNは現在、さまざまな分野で注目を浴びています。

また、NMNが刺激する体内の要素は平常時は休眠状態なのですが、飢餓状態になると増えるNADという物質の働きかけで活性化します。そのNADの原料となるのがビタミンB3(ニコチン酸アミド=ナイアシンアミド)で、ビタミンB3がNMNに変化してNADを作るのです。つまり、体内を活性化させるNADを量産するために、NMNの摂取が影響があると考えられています。このNMNは現在、さまざまな分野で注目を浴びています。

 

新興和製薬の起源

2011年、医療業界を大きく発展させるNMNという物質の存在とその驚きの効果が報告されました。

NMNとはニコチンアミドモノヌクレオチドと呼ばれる物質で、ビタミンB群中のビタミンB3に含まれ、あらゆる生物の細胞の中に存在しています。

本来は体内で自然に生成される物質ですが、加齢に伴い体内での生成能力が減少し、その結果、体内の修復機能が失われていくと言われています。

また、7種類ある全ての長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)に作用し、若返りや抗老化が期待できる物質と言われています。

NMNについては世界中でさらなる研究が続けられており、現代医学ではこれまで完治が不可能と言われていた数々の症例にも効果を上げる可能性があるということから、非常に多くの注目を集めています。

我々新興和製薬株式会社(旧社名新興和トレーディング株式会社)は2015年4月にNMNを日本国内で最も早く商品化し、βニコチンアミドモノヌクレオチド(以下 NMN)を配合したオリジナルサプリメント販売ブランド「ミライラボ」を設立し、販売を開始しました。
NMNは若返りや抗老化に効果が期待できる物質として各メディアで特集され、高い話題を集めた物質です。

 

NMNに関する研究論文は、下記をご参考ください。
老化関連疾患におけるNAD+合成系の役割と創薬標的としての可能性( 山口 慎太郎氏,吉野 純氏 ※敬称略)

第120回日眼総会【特別講演】眼疾患への抗加齢アプローチ ― ドライアイから網膜色素変性、近視まで(坪田一男氏)

SIRT1による代謝制御機構の解明(長谷川豊氏、東北大学病院糖尿病代謝科 助教、(現 カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校糖尿病センター Post Doc))

 

 

ミライラボの商品は、下記にてお買い求めいただけます。

日本国内のお客様
ミライラボ公式オンラインショップ
Amazon.co.jp
楽天市場
YAHOOショッピング

 

For overseas customers
Amazon.com
Rakuten Global Market

 

 

■弊社の名前や弊社商品を騙る無許可の販売サイト、悪質なサイトにご注意下さい。

弊社が運営するウェブサイトから商品画像、説明文面等をそのまま流用し、販売者と偽って詐欺行為をはたらく、悪質なサイトが確認されました。
商品代金振込後も商品が届かない等の被害のほか、お客様のIDやパスワード、個人情報が不正に取得される可能性が考えられますので十分にご注意ください。
弊社のオンライン上での正規販売は上記の正規ショップのみとなります。