プレスリリース

今井眞一郎教授(Shin-ichiro Imai, M.D., Ph.D.Professor)のインタビューが日本経済新聞新幸福論Tech2050に掲載されています

新興和製薬


今井眞一郎教授のインタビューが日本経済新聞 新幸福論Tech2050に掲載されています 。

タイトルは 

”衰えない肉体、寿命150歳 遠のく「死」問われる「生」” 

となり、NMNおよび今井教授らが働きを突き止め、提唱する長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子、 Sirtuin )を作るカギを握る酵素と、その酵素の働きを保つNMNの働きについてインタビューを受けています。

NMNは枝豆などにもわずかに含まれるという内容の回答のほか、今後も研究を続けられるとの内容の回答や 実験の結果としてマウス(ネズミ)では効果を確認しており、人間でも2~3年で証明できるとし、死の直前まで健康に生きる『ぴんぴんころり』が増えるはず」等と結ばれています。

記事全文はこちらをご覧ください。(日経IDの会員登録が必要です)


インタビュー記事